From Sodegaura〜ガウラクラフト

アクセスカウンタ

zoom RSS 琵琶湖遠征その1

<<   作成日時 : 2016/06/06 23:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まずはお知らせですが、現在ご注文受付中のライフジャケットは今月のルアーと一緒に納品、Tシャツは7月のルアーと一緒の納品となります。
そしてTシャツはドライ素材も製作可能ですので、直接弊社にお問い合わせ下さいね。

さて、この週末は琵琶湖に行ってきました。
同行者は西舘先輩。

いつも通り保土ヶ谷パイパスから東名に入ろうとしたら、道が新しくなっていて間違えました。
まだ開通したばかりなんですね。

しかし無事に琵琶湖到着。
今回も前回同様、浪速の巻物師さんに乗せていただきます。
画像
巻物師さんは毎週琵琶湖に浮いて、トップで勝負できるエリアを探しておいてくれたので後は投げて釣るだけ。

まずはツイートイールからスタートしてバイトをもらうけど乗らず…

その後反応が無くなったので、小バスでも釣って落ち着こうとプラポッパー投入。
本当は置いて来ようと思ったのですが、今月発売なので一応持ってきました。

すると、ほどなく水面爆発!
「まあまあかも?」
とか言いつつ寄せると、ボートの下に突っ込みまくり!
シングルハンドだったので、リールから手を放してバットを支えて耐えて無事ランディング!
画像
出ました55cm!
琵琶湖には毎年2回くらい来ていますが、久しぶりに50UPを釣ることが出来ました。

その後眠いし疲れたので、シートに腰かけながらロベルソンコラボスイッシャーを投げていたら、またしてもナイスバイト!
これもまあまあでしたが、さっきよりも10cmマイナスでした。
画像
ここでフィッシングサロン心斎橋の梅本さんと山形さんが登場。
画像
西舘さんが注文したルアーをバスボートで湖上に配達してくれるなんて、Amazonプライム会員もびっくりのサービスですね。

私はコカンマスターでチビを追加。
画像
巻物師さんもレンタルしたデカイサンガーでフィッシュ!
画像
それまでチビだけだった西舘さんもラストにサッチモホーンでナイスバスをゲットして、無事に1日目が終わったのでした。
画像
巻物師さんありがとうございました!

今回はアフターの時期ということで、琵琶湖としては非常に丁寧な釣りを心がけました。
エビモがほんのちょっと水面に出かかっている感じなので、偏光をしていてもどこにウィードがあるか見えないため、どこを狙えばいいのか判らないのに丁寧な釣りをする、それが一番難しいところでした。
豪快な釣りだけで通用するほど琵琶湖も甘くない、ってことですね。
つづく。 T.A




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

琵琶湖遠征その1 From Sodegaura〜ガウラクラフト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる