From Sodegaura〜ガウラクラフト

アクセスカウンタ

zoom RSS ライトタックル

<<   作成日時 : 2017/03/13 23:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

土曜日に車のタイヤを交換しました。
そして工場に戻ってきて、ふと気づくと…

バランス用のオモリが落ちてる!
画像
しかしここまで走って来て落ちるとも思えないので、運転席にあったヤツとかが落ちたんですよねきっと。
そう信じたい。

ちなみにここ3回くらいは韓国製のタイヤを使っています。
性能的には全く問題ないのに、かなり安いんですよね〜


さて、私は先週金曜日に中ブッピィで釣るまで、しばらくの間プラポッパーとフグロッグでしか釣れませんでした。
調べたら去年の暮れからです!

これは他のルアーで釣れなくても、これらのルアーでなら釣れるという事の証明だと思います。

たまに聞かれるので、今日はどんなタックルを使っているのかを紹介します。
画像
まずロッドはトップドランカー。
慣れの問題もありますが、プラポッパーが非常に投げやすいですね。
BOLTの508Lでもほぼ同じに投げられるでしょう。

リールはアルデバラン。
軽いルアーを投げるにはかなり重要な部分で、やはり5500Cとかでは難しいと思います。
このリールは貰ったから使っているだけで、特にこだわりはありません。
個人的には後半の伸びがイマイチだと感じています。

グリップはレジオンに、自作の握りを装着。
しかしアルデバランが付かなくて、少し削っちゃいました。

ラインは相変わらずのファイヤーラインで、太さは1.5号。
強度表示は18ポンドかな?
今どきの1.5号はもっと全然強いですよね。

そしてショックリーダーはフロロの16ポンドを50cmくらいで、スナップはカルティバ。

こんな感じです。
流石に琵琶湖では使いませんよ。 T.A




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ライトタックル From Sodegaura〜ガウラクラフト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる