From Sodegaura〜ガウラクラフト

アクセスカウンタ

zoom RSS 急発進防止装置

<<   作成日時 : 2018/04/10 23:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月に落水した時、エレキのハンドルに手を掛けたら一気に全開になってしまったのが一番の原因でした。

そしてその後の釣行でも、軽く触っただけでスロットルが予想以上に開いてしまう事が良くあることに気づいたのです。

コリャまた落水するな、と思い、モーターガイドR3をちょっと加工してみました。

まず、直径40mmの熱収縮チューブを用意します。



それを10cmくらいにカットして、エレキのハンドル、ヘッド本体に被せます。

ヘッドに被っている部分は動かないようにビニールテープで固定。

ハンドル部分は軽く熱を掛けて若干収縮させます。
画像
これでオッケー!
チューブが抵抗になってハンドルの回転が重くなっているし、ハンドルの根元付近を触っても回すことは出来ません。

この写真では他にもドリンクホルダーや水温計、延長コードのターミナルが固定されているのが分かると思います。
釣りやすさは釣果に繋がりますからね。

しかしもはやコンビニに突っ込む老人ドライバーと同じ状況です…
歳は取りたくないものです。 T.A

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

急発進防止装置 From Sodegaura〜ガウラクラフト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる