From Sodegaura〜ガウラクラフト

アクセスカウンタ

zoom RSS 産卵シーズン

<<   作成日時 : 2018/05/16 23:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

図書館でこんな本を借りてみました。

「印旛沼の水草の変遷」
画像
昔の印旛沼にはこんなに沢山の水草が生えていたので、それを復活させたいって感じの内容ですが、印旛沼の歴史なんかも書いてあります。

この本によると、流入する土砂により印旛沼は将来消滅してしまう事、水門で水位を調節しているため、実際の水位は今よりも1〜1.5mも低い事などがビックラこきましたね。
今より1m浅かったら、釣りをする場所なんてほとんど無くなりますからね。

因みにこの本は販売はされていない様です。


さて、先日ドブガイを通販で購入しましたが、1匹は到着した時から元気がなく、あえなく死んでしまいました。
さてどうしようかと思っていたら、なんと工場の横を流れている水路にいた!
画像
ラッキー。
さっそくタナゴのいるタンクに投入しました。
タナゴの稚魚が孵ったら、また逃がしてあげよう。

産卵ネタでもう一つ。
昨日工場内に蜂が入ってきて、ブランクの辺りをうろうろしてたんですよね。
これは竹筒に産卵する蜂だ!
と気づいたので、追っ払ったのですが…
画像
既にブランクの穴には泥が詰まっていました。

まだ作り始めだったので、扉を閉めたら諦めたみたいです。

しかしこの蜂って、せっせと作業して1匹だけを育てるのかな?
随分繁殖の効率が悪そうですが…

蜂はいいけど、タナゴは増えてくれると嬉しいですね。 T.A



【生体】イシガイ 5匹 石貝 二枚貝
エムワイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【生体】イシガイ 5匹 石貝 二枚貝 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

産卵シーズン From Sodegaura〜ガウラクラフト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる