10月のルアー

プラポッパーとギザLBのフォトコンもまだ序盤ですが、早くも10月のルアーのお知らせです。

まずは新製品のハードウッド製ジョイントペンシル
「ダイナマイコシャッドJP」
ダイナマシリーズも”コ”サイズや3Pなど色々と派生して来ましたが、これが最後かな?
名前の通り、小さくてジョイントペンシルなダイナマイトシャッドです。
と言ってもウェイトは3/4oz.あります。
先日も普通のダイナマイコシャッドとの使い分けについて聞かれましたが、早く動かす事が出来るのが一番の違いでしょう。
例えばボイルを狙う時とかは早く動かしたいですが、リップ付きは早くターンさせる事が出来ません。
早引きしても潜ってしまいますよね。
しかし、JPだと水面で高速ターンをさせる事が出来ます。
また、絶対に潜らない事や、タダ巻きでは泳がないから自分で操作しなくてはいけないというのも大きな違いです。
基本は「カコッカコッ」とボディ同士の干渉音を響かせながらのリズミカルなターン。
活性が低い時はゆっくり丁寧に1回ずつターンさせるのもいいですね。
先に書いた高速ターンはスモール狙いに効きました。

カラーは艶消しのホットタイガー、形的にも外せないマジョーラギル、そして久しぶりにアカハラフロッグを塗ってみました。
写真の尻尾はサンプルで、実際は塗装されるのでいずれ写真をUPします。


次は4年半振りの発売となる
「ポンドダイバー」
バルサ製の立ち浮きペンシルです。
前回との違いはサーフェイスリグになりました。
そして大きな違いとしてカラーリングが上下逆さまになっています。
これは使ったことがある人なら理由が判って貰えると思いますが、浮いている時にコチラに顔が見えるようになっているのです。
アクションですが、着水後鋭く引くと「ジュボッ」と音と泡を伴ってダイブ。
そして少し離れたどこかから浮いて来て、ボヨンボヨンと揺れます。
ルアーが立ち姿勢になるのを待たずに連続的に動かすと、普通のペンシルベイトと同じく使えます。
個人的には、ダイブして浮いてきた瞬間にもう一度ダイブさせて使う事が多いですね。
皆さんはやらないかも知れませんが、ウチのルアーでシーバスを狙うならコレです!
リア重心なので、飛距離も凄いです。

カラーはホワイトコーチ、艶消しのトワイライトフロッグ、クラウン、パープルパロットの4色です。
トラッドなのから魚っぽいの、視認性が高いものを揃えてみました。


そしてもう1機種。
「ケムピンポン」
毎年この時期に出したいと思っていながら忘れていた、ハロウィーン限定カラーの「カボチャ」1色のみの発売です!
今年は運よく思い出すことが出来ました。
これもある意味立ち浮きペンシル。
細かくシェイクして、ピクピクお辞儀をさせて使います。
移動距離が少ないので、寒い時期にもお勧めですが、是非ハロウィーンに釣って貰いたいですね~
ってハロウィーンっていつ?
画像
今回はなんとペンシルベイト3種類!
是非よろしくお願いします。 T.A