11月のルアー

ハロウィーンとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事の事だったのですが、今では本来の意味合いはほとんど無くなっているそうです。
そんな11月のルアーはコチラ。

まずは3年半ぶりの発売となる
「バルキーサッチモホーン」
変更点はありません。
しいて言えばコーティングが強化されている事くらいです。

重さの表示を5/8プラスにしました。
測ると19.5gくらいで、5/8と3/4oz.の間なんですよね~

アクションは軽快で切れのいいターン。
そしてカッポカッポというサウンドと泡を発生します。
遠投も効くので、琵琶湖ならこっちですね。

カラーはスケール、スポットが入って新しくなったレッド、定番のクラウン、ブラウンコーチ、そして新色のマットブラックの4色です。
マットブラックグリーンというカラーがありましたが、あれはバスから見たら真っ黒ではないので、腹も真っ黒なカラーが欲しくてラインナップしました。
口の中は蛍光レッドなので、非常に良く見えます。

このルアーって、ブランク屋さんから入った時にはこのような状態です。
画像
コレをコーティングして、頭をカットして、私がドリルと砥石でエッジをギリギリまで薄く加工しています。
画像
なので個体差があると思うけど許してくださいね。


もう1機種は
「チャーミーブルー」
これは3年9ヶ月ぶりの発売となります。
「次はいつ作るんですか?」
と問い合わせが多かったのですが、今年はバルキーチャーミーブルーとマグナムチャミポという新製品があったので、それが片付くまでは作れなかったんですね。

今回基本的には変更点がありませんが、プロペラが寂しかったので刻印を入れました。
画像
なんと!
これも私が一つずつ打っています。
ズレもあるけどご勘弁を。

フックはカルティバST26の8番を採用。
不安な場合はST36にして貰ってもいいですが、浮力が弱くなるとターン性能は落ちます。

使い方は人それぞれ。
タダ巻きでももちろんいいし、チョンチョンとターンさせるのもいいですね。

カラーはワインバックパロットと、ホイルオイカワ、ホイルアンバーの3色。
アンバーはどことなくウグイっぽいですね。
ペイントカラーとホイルカラーは価格が違うのでご注意願います。
画像
今年の釣りもラストスパートですね。
今月は私の仕事をアピールしてみました。 T.A