6月のルアー

今まさにトップウォーターフィッシングのベストシーズン!
そんな6月のルアーはコチラです。

画像
もうモールシリーズに新作は無いと思っていました?
実はまだあるのです。
それがハードウッド素材の
「ロングモール」
モールシリーズ初の2フッカーになっております。
頭には直ペラ、テールにはハートブレードを装着。
モールシリーズなので、もちろんベリーにはカバーを乗り越える時にルアーが倒れないように突起が付いています。
画像
ターン時には飛沫を上げながら、時にはブレードとフックが接触していい音を奏でます。
タダ巻き時には、ブレードの揺れに合わせてボディも勝手にウォブリングしてくれます。

そう!ブッピィと近縁種に当たります。
ブッピィって印旛沼みたいな葦のフィールドや、濁り気味でカバーの多い川で非常に効果的なルアーですが、スナッグレス性能はイマイチ。
そこでロングモールの出番となるのです。

また、琵琶湖の様なランカーが出やすい広大な釣り場では、今までのモール兄弟だとちょっと小さいな、と感じていました。
アピール面の問題もありますが、フックがボディに沿うモールシリーズは、ランカーバスの口の中にルアーが丸呑みにされると、アワセと同時にスッポ抜ける心配があります。
しかしロングモールなら、そのミスを未然に防ぐことが出来るのです。

一昨日の朝練でも、ものの見事なフッキングを決めてくれました。
画像
このバスはターン中に釣れたものです。

カバーに強いルアーという事で、ストラクチャーにぶつける事が多いため、素材はハードウッドを使用しています。

カラーは定番のレッドヘッド、イエローコーチ、ワインパロット、そして視認性重視の新色ライムチャートの4色。
ライムチャートは今度ちゃんと分かりやすい写真を載せますが、オレンジベリーとなっております。
ブレードはレッドヘッドとワインパロットはシルバー、イエローコーチとライムチャートはゴールドになります。

もちろんカバー専用というわけではなく、オープンウォーターでも普通に使えます。


もう1機種は2回目の製作となる
「コカンマスター」
バルサ製のスピナーテールミノーになるんですかね?
しかしミノーと違って一切潜らず、水面で激しいロールアクションを発生します。
そして今回はテールをフックからインディアナブレードに変更しました。
これにより、プロペラと干渉して金属音を発生します。
プロペラはBOLTの0.2mmステンレスバネ材。
非常に軽くて高回転ですが、曲がりやすいので曲がったら直してくださいね。

カンマスターほどではありませんがターンも出来ます。
先日の戸面原ではターンでキャッチしましたが、タダ巻きでもヒットがありました。
バレましたが…

カラーはグリーンオレンジ、メタリックグリーン、シトラスパロット、トラウトの4色。
グリーンオレンジは2005年のワッキーバナナ以来何と14年半ぶり!!
今回はマットになります、というか前回を知っている人は少ないでしょう。

15周年ルアーはもう少し掛かりますので、6月のルアーをよろしくお願いいたします。 T.A



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト