大発見

ブログネタに困窮しているので、今日は久しぶりにGautubeにUPしました。

先々週に亀山に行った時の2匹です。
3投で2匹釣れているので、その過程をノーカットでUPしました。
チビですが…
やっぱり房総って釣れるな…

さて、私は近年釣りをしていると、夕方には肘の内側が疲れて仕方ないのです。
腕立てとかもやってるけど効果なし。

なので、去年からガッツリやる時はサポーターを導入しました。
コレ。
バンテリンサポーター ひじ用 ブラック ふつうサイズ ひじ下周囲 22~25cm
バンテリンサポーター ひじ用 ブラック ふつうサイズ ひじ下周囲 22~25cm
効果のほどは、悪くは無いけど完全ではない、って感じです。

しかし、遠征の時には面倒なので未装着で釣りをしていました。
去年の秋の琵琶湖も、先日の四国もしていません。

がっ!!
何故か連日の釣りでもさほど疲れないのです。
そして今回その理由が判りましたヽ(^o^)丿

「地元の釣り場ではバックハンドキャストがほとんどだけど、遠征ではオーバーヘッドキャストがほとんど」
ちょっと意外な理由でしたが、間違いないでしょう。
バックハンドの時は、ロッドを水平に構えて振るので、重力に逆らっているため肘に負担が掛かるのです。
しかし、オーバーヘッドの場合は、バックスイングの時は重力に逆らうけど、振る時はロッドの重さは感じません。

まさに目からうろこ。
関西方面は水面に覆いかぶさる樹木が無いため、肉体的にもキャストが楽だったんですね。

今後は、なるべくオーバーヘッドで投げるようにしよう。 T.A
0

この記事へのコメント