8月のルアー

明日から8月ですよ。
夏本番ですね。
そんな暑い中でも釣りに連れて行きたくなる8月のルアーはコチラ。

まずは新製品のハードウッド製ギル型ルアー
「ベビーシモニー」
私が散々使っているのは、単に釣れるからでは無くてテストだったんですよ!
コシモニーでも十分に釣れるのですが、よりギル型ルアーを抵抗なく使って頂けるようにベビーサイズを作りました。
そもそもは、冬のバスを何とか釣りたくて自分専用に作ったのが最初です。
が、今年の冬はケムでも釣れませんでしたからね。。

いずれ比較写真を載せますが、本体が7.5cmなのでデカハンシャイナーよりも小さいですね。
尻尾が付くので、全体のイメージはもっと大きく感じます。
しかし重さは18~19gあるので、ずっしりと感じると思います。

アクションは兄貴分と同じく、ゆっくりタダ巻きでクネクネと水面を泳いで来ます。
しかしお勧めはスローなターン。
ボディがくの字に曲がって、やや傾いて浮きます。
そしてアクションを加えると逆方向に傾きます。
この動きが、弱って死にそうな魚に見えるのか、非常に良く釣れます。
まずはゆっくりターンさせてみて、出なかったらタダ巻きに移行するのがおススメのアクションです。

コシモニーに比べると、動きも軽快な感じになりました。
個人的にはコシモニーを1日投げ倒すと腕が非常に疲れるのですが、ベビーシモニーなら肉体的に楽です。

フックはカルティバのST36BCを採用しました。

カラーは絶対に外せないマジョーラギル、そして視認性で選ぶならクラウン、ギルでは無くて鮒を食べているバスにはイエローシャイナー、そして小さいボディに合わせてラインナップに加えたコギルの4色です。
尻尾の色は仮なので、確定したらまた載せますね。


もう1機種は工房青嶋さんとのコラボ発泡ルアーである
「バルキーチャミポ」
2年半振りですが、名前をバルキーチャーミーポップから改名しました。
アクションは全サイズ共通で、斜め浮きの為1回ごとに強めに引くとダイブします。
連続でアクションを加えるとキビキビとドッグウォークします。
ダイブさせた後、水中でドッグウォークさせるという裏技もありますね。

重さは9gなので、ベイトで行けると思います。

チャーミーブルー派とチャミポ派といらっしゃると思いますが、どっちが釣れるかは使い手次第ですかね。
遠投性能ではチャミポが上でしょう。
スモールにも非常に良く効きます。

カラーはヤマメ、アルビノ、そしてホイル貼り仕様の金黒オレンジベリー、アユの4色。
アルビノには細かいパールのラメが入ります。
カラーによって価格が違うのでお気を付けください。
19.8.jpg
お盆休みには間に合いませんが、頑張って作ります! T.A


ヤマメ日記1
ヤマメ日記1



この記事へのコメント